マヤ暦とは?


「マヤ暦」古代マヤ人によってつくられたカレンダーです。

 

基となるマヤ文明は メキシコ、グアテマラ ユカタン半島を含む中央アメリカで発祥し紀元前1,000年から16世紀までつづいた文明です。

マヤの人は天文学、数学に天才的に長け、あの時代に天体の動きから正確な暦を創っていました。

マヤの暦は「金星暦」「太陰暦」「長期暦」など用途に合わせた暦が約10種類以上ほどありました。

 

日常的には農耕に特化した1年を18ヵ月+5の365日で考える「ハアブ」と13日×20日=260日周期の「神聖暦(ツォルキン)」を使用していました。

ハアブとツォルキンを組み合わせて1周期を1万8980日(約52年)とする暦は、今も祭儀に使用されています。

それらの暦の総称を「マヤ暦」といいますが、今、私たちが用いているのが、その中の一つ、「神聖暦(ツォルキン)」と呼ばれる、260日(13×20)周期とする暦です。

 

「神聖暦(ツォルキン)」は

古代ではその日のエネルギーを読み解く暦として神官によって神事、儀式や予言のときに用いられていました。

13の銀河の音(数字)×20の紋章(守護神)=260

マヤの人は時間をただ一方向に機械的に流れていくものではなく、

1つ1つの異なったエネルギーと捉えていました。

1日をKIN という言葉を使っていました。

1日1日に「意味」や「エネルギー」があり、なすべきことも定められています。

 

皆さん一人一人に生まれた日のKINナンバーがあります。

 私たちは生れた日のエネルギーを思いっきり吸い込み、誕生し、存在しているのです。

★カウンセリング(講座など)を行う時、「神聖暦(ツォルキン)」を用います。

生年月日をもとにその日のKIN番号を割り出します。

その番号によって、1~20の太陽の紋章(顕在意識)とウエイブスペル(潜在意識)、1~13の「銀河の音」が判明し、その組み合わせで 才能、素質、使命などを観ていきます。

 

・「本当の自分」を知り、「本来の役割」に向かうことが出来ます。

・自分の人生の流れがわかり、その年の過ごし方、心構えを知ることができます。。

・周りの人、家族、様々な人の性格や考え方を知ることもでき、接し方もわかります。

その人と、自分との関係性を知ることができ、納得がいきます。

 

ぜひ、あなたも古代の叡智「マヤ暦」にふれてみてください。

きっとそこに「感動」と「喜び」が待っているでしょう。

 

マヤ暦は吉凶を占うものではありません。

自分がもともと持っている本質を知り、よりよい生き方をしていくためのものです。 

自分を知り、相手を知ることで周りの人、現状を受け入れるることができ、心が楽になります。

全て必要なことは自分の中にあります。

「気づき」とともに環境が良い方へ劇的に変化します。

マヤの人は天空の動きとを観て、地上に起こる現象の一定の法則を見出していました。

宇宙の真理、自然の法則が分かる。

 

意識的に過ごすことで自然と調和してリズムが整い、流れまで変わってきます。